金融ローン会社と
金銭消費貸借契約


金銭の貸し借りのこという。

消費貸借は民法の13種類の契約の1つで、当事者の一方が種類、品等および数量の同じ物をもって返還することを約し、相手方から金銭その他の物を受け取ることによってその効力を生じる(同法 587条)。借り手は借りた物を消費して、それと同種・同等・同量の物を返還する点で、借りた物そのものを返還する使用貸借や賃貸借とは異なる。契約は通常、借り手だけが利息の支払いと元本の返済義務を負うため、有償の片務契約とされる。金銭の交付を要する要物契約であるが、カードローンのように一定額まで貸し付ける合意だけの諾成的消費貸借も認められています。


HOMEへ戻る